最新の関連ページ一覧

不動産会社との賃貸借契約書について

不動産会社が仲介する物件の内容や契約条件に納得ができれば、賃貸借契約書を締結することとなります。
いったん締結された契約書は、その後で一方的に解約を申し出たとしても、認められるとは限らず、違約金が発生する場合もあります。
ゆえに、事前に賃貸借契約書に書かれた内容について、契約内容を十分に確認することが重要です。
敷金と退去時の原状回復費用の清算をめぐるトラブルは多いので、原状回復についての契約書に書かれた取り決めを、しっかりと確認しておくようにしましょう。
原状回復義務とは、「解約の際に部屋を元どおりにして、明け渡すこと」を契約によって定めたものです。
なお、敷金については、地域によっては慣習が違う場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 不動産 賃貸 . All Rights Reserved.